彼女

1/13
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
「せんぱーい。他に好きな人が出来たのでー、別れてくださーい」 「えっ?」  ある日の晴れた午後。付き合って2ヶ月の後輩、多田雛乃に突然別れを告げられた。 「えっ? な、なんで……?」 「すみませーん。他に好きな人が出来ましたー」  きゃぴっ(死語)て擬音語が付きそうな可愛い仕草で、えげつないことを言う。 「ま、まあ……他に好きな人が出来たんなら仕方ないか……」 「はい。すみませーん」  少しも悪いと思ってなさそうでげんなりするが、問題はそこじゃない。 「で、でも、映画には出てくれるよね?」 「すみませーん。映研、やめますのでー」 「それは困るよ! ひなちゃんヒロイン役なんだよ!」 「ほんとーに、すみませーん! 他の人にお願いしてくださーい。それじゃ!」  笑顔で手を振り去って行く彼女を、俺は呆然と見送るしか出来なかった。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!