泣き声

3/3
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ
 川沿いを歩く二人の少女の影。  一人は自転車を押しながら、一人は手で自分を扇ぎながら、おしゃべりをしながら歩いている。  クシャッ  何か、足に違和感を覚えた。  少女は手で仰ぐのを辞め、足元を見る。 「うおっ!」 「なに? どうしたの?」  もう一人の少女も自転車を押すのを辞める。 「蝉の死骸、踏んじゃった……」 「うえっ。キモチワルっ」  少女は身震いしながら、足をばたばたとさせる。 「感触がまだ残ってるー!」 「最近、蝉の鳴き声やんだよね」 「まーじ、うるさかった。やっと鳴き声から解放される」  二人は再び歩き始めた。  空は茜色に染まっている。  もうすぐ、秋がやってくる。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!