第1話 幽霊の映画鑑賞

1/3
35人が本棚に入れています
本棚に追加
/65ページ

第1話 幽霊の映画鑑賞

「ねえねえマキさん。この映画面白そう」  少女は映画館の放映スケジュールの看板をその大きな瞳でじっくり吟味して、一つのタイトルを指さした。 『夏空の恋』  人気急上昇中の若手女優が主演を務める映画だ。ごりごりの恋愛映画。  夏祭りに運命的な出会いを果たした男女。だが、男は重い病を抱えていて余命幾ばくも無い。そんな男女のひと夏の恋物語。 「つまんなさそう」  男がそう言うと、少女はすかさず男の腹に肘をぶつけた。うぐっと妙な声が出る。 「今日はこの映画観るの! いいですね!」 「生意気娘め」 「おじさんは可愛い女の子のわがままを聞くべきですよー」  唇を尖らせる少女に、やれやれと肩を竦める。 「分かったよ。行くぞ」  男は二十代後半。身長は高いが、貧弱な体でひょろっとしている。猫背も相まって情けない立ち姿になってしまうのだが、本人はとくに気にしていないらしい。  対して少女は十代前半。肩までの髪は栗色でくるくるとしている。逐一動作が大きくて、離れていてもその独特な動きですぐに見つけられそうなほどだ。迷子にはなりにくいだろうなと男は思う。 「映画館っていったらポップコーンですよね。美味しそう」  売店で女子大生と思しき女性がポップコーンを買う様子を、少女は羨ましそうに見つめた。 「ちょうど映画はじまるみたいだから、もう行かないと間に合わないぞ」 「ちょっと、マキさん苦しい」  男――マキは少女の首根っこを掴むと引きずって歩き出す。ぎゃあぎゃあと騒ぐ少女を引きずったまま、チケットの確認をしている映画館スタッフの前を素通りした。  マキはチケットを見せることもなかったが、スタッフが気にする様子はない。
/65ページ

最初のコメントを投稿しよう!