変わり果てた二学期のはじまり

1/2
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/42ページ

変わり果てた二学期のはじまり

 波乱の夏休みが終わり、暦は九月を迎え、学校は二学期が始まった。  まだまだ厳しい暑さが続いているけど、それでもだいぶ涼しくなってきた方だと思う。僕は喫茶店『チロル』のカウンターに入り、今日の気候に合わせてコーヒーを作りはじめた。透明のグラスにブレンドコーヒーとミルクを入れ混ぜて、最後に大きな氷を三つほど落とす。冷たく甘いアイスコーヒーの完成だ。それをくいっと喉に通すと、口の中にミルクの甘さが伝わってきて、今日の疲れをほんのわずかばかり忘れさせてくれる。美味しい。  まだしばらくは、アイスコーヒーが愛しい季節が続くということか。  時刻は間もなく十六時。今日も喫茶店『チロル』は客が一人もいない……。  その光景は夏休みが終わった後も、何一つ変わったことはなかった。 「ちょっとお兄ちゃん! 少しは管理人として美歌ちゃんを注意してあげてください!」 「…………」  そう、ごく一人を除いては―― 「今日も美歌ちゃんのせいで真奈海ちゃんまで巻き込まれるところだったんですから!」 「糸佳。言いたいことはわかるが、それは本当に管理人の仕事なのか?」 「管理人の仕事です!! 他に誰が面倒なことすると思ってるんですか?」 「…………」  店内に客はいないけど、いつもの住民ならここにいる。今日は店番を僕に任せ、カウンター席にちょこんと座っているのは、糸佳と美歌だ。  ……いや、糸佳の言いたいことはやはり一ミリも理解できない。寮の管理人という仕事は、とりあえず面倒なことをすべて押し付けられる、そんな役職だということなのだろうか。 「そう思うんだったら糸佳が美歌に注意すればいいだろ?」 「何言ってるんですかお兄ちゃん! 面倒なことは管理人の仕事に決まってるじゃないですか!?」 「おい糸佳……? それは一体どういった理屈のどういう理論なんだ???」  もはや無茶苦茶である。そんな女子寮の管理人に厳しすぎる世界、僕にはごめんだ。  もっともその問題の張本人は、先程糸佳が用意した激甘ブラジルコーヒー(ホット)をちびちび飲みながら、僕と糸佳の話については我関せずと、ほぼ無視を決め込んでいるようだ。いっそのことそのコーヒーの中に激辛唐辛子を混ぜこんで、AI成分100%なその脳をオーバーヒートさせてやった方がいいんじゃないだろうか。
/42ページ

最初のコメントを投稿しよう!