序章

1/9
15人が本棚に入れています
本棚に追加
/178ページ

序章

遥か神世の昔。 男神と女神の交わりによってこの天都国(あまつくに)は生まれた。 美しく緑豊かなこの国を、神々は人に治めさせることに決めた。 だがそれに異議を唱えた者がいた。 滅びの神である。 人に天都国を治めさせるや否や。 神界を二分する戦いの末、姉弟神天照(あまてらす)月読(つくよみ)によって滅びの神は討たれた。 “いつか人が神への畏敬の念を忘れた時、必ず我は甦る” 滅びの神が残した呪いに抗うため、神々は天都国の何処かに神宝(かんだから)を封じ、天と地に姿を変えた。 人が神の力を借りる時など来ないようにと願いながら。 時は流れ、(おおきみ)のもと、民は豊かな暮らしを謳歌していた。 その一方で領地をめぐる争いは絶えず、支配する者とされる者、富める者と貧しい者が生まれ、いつしか人は神への畏敬の念を失いつつあった。
/178ページ

最初のコメントを投稿しよう!