1.刺青と傷跡

1/8
2877人が本棚に入れています
本棚に追加
/148ページ

1.刺青と傷跡

 天職だと思っていた仕事を辞めてしまった。  辞めるつもりはなかったけれど、どうしてもそうなった。 「美鈴さん、三番テーブルさん頼む」 「はい、店長」  なかなかどうして、平日の営業でもこの客入り。 「次はこれ。7番テーブル、食後のコーヒーな」  店長の指示に美鈴も黙って頷き、すぐにフロアに出て行く。  港に新しくできたバイパス近くにあるカフェレストラン。開店から一年半、なかなかの繁盛。  港に出入りするトラック運転手はもちろん、フェリーで通うビジネスマン、そしてこの街のマダムにOL達の口コミも上手く流れてくれ、客足は途絶えない。  特に瀬戸内の新鮮な魚介をつかったカフェめしランチが人気。東京で料理人の修行をしてきた弟が開いた店だった。  その弟の店で美鈴はいま何故か手伝っている。 「姉ちゃん、また来た」  フロアが見える厨房窓口でコックコートを着ている弟が、入口のドアを見た。  白い木枠のドアが開いたそこには、もう初夏だというのに真っ黒なジャケットを着込んだ厳つい男。
/148ページ

最初のコメントを投稿しよう!