11.責任あるとはなんですか

1/10
2875人が本棚に入れています
本棚に追加
/148ページ

11.責任あるとはなんですか

 彼女もほっとしたのか肩の力を抜いて溜め息を落とした。 「よかった。やっと見つかりました」  見つかった? どうしてお兄さんを何を探していたのだろうと、宗佑と一緒に美鈴は首を傾げる。  彼女がまた美鈴を見た。 「兄が、珍しく私に。『責任あるつきあいをしようと思っている』と知らせに来てくれたんです」 「お兄さんが、姉のことを、ということですか!」  あの人が警官だった。その人が姉のことを忘れずに、家族に紹介したいと真剣に考えてくれていた。宗佑が一気に喜びを見せた。  だが香江の表情も一変する。今度は打って変わって厳しい眼差しだった。 「責任あるとはなんですか」  彼女が美鈴に問う。責任あるものがなんなのか、美鈴にはすぐにわかった。彼となにも隔てずにそのまま愛しあったこと。美鈴のなかに彼の子供が出来たかもしれないことだと思った。  香江もそれがわかっていたようだった。だから美鈴のお腹へと視線が落ちた。 「お腹にいたとしても、まだ目立たない時期ですよね。でも、そうであるならば、もうそろそろ……貴女には変化があるでしょう」 「だとして、どうだとおっしゃりたいのですか」
/148ページ

最初のコメントを投稿しよう!