【序 独り言】

1/1
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/97ページ

【序 独り言】

 古よりその土地に住む者達がいる。  変わりゆく周囲を見つめ続けた者達がいる。  幾星霜を経て、彼らは何を思うのか。  空に咲く花火のように。葉の上に光る朝露のように。美しくも儚く散り行く者を何度も見送った。  まだ行かないでくれと、何度も手を伸ばした。  目まぐるしく巡る時の中で、それはひときわ輝いていた光だった。  見失った光を追い続けて、その先に何を見るのだろう。  あぁ、私は、まだこの光に浸っていたい。どうかどうかゆっくりと。この日々が、ゆっくりと過ぎて行きますように……。  眩しい夏の日差しに、私は目を細める。  これは誰かが見た景色。  星の巡る街が歌う長い歌の、ほんの一節。
/97ページ

最初のコメントを投稿しよう!