つぶあん亭のひみつ

1/5
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
 アーケードのある古い繁華街から裏道へ一本逸れたところに、その店はずっと昔から、隠れ家のようにひっそりとある。純喫茶、つぶあん亭。  ここは、昔から変わらない、不思議な静謐さと活気とが同居した、つい長居したくなる店だ。  (たくみ)の目の前に、彼の待望の巨大パフェが置かれた。  次男の巧は、店の前のショーケースで食品サンプルを見るなり、「絶対これ食べる!」と駄々をこねて一歩も譲らなかった。  その名も、『プリンパフェ~つぶあん白玉フルーツ全部乗せ~』。  名前のとおり、そこにはオレンジにバナナ、キウイ、パイナップル、リンゴにイチゴと、あらゆるフルーツが、生クリームの中から顔を出している。  そしてフルーツの隙間に盛られた、つぶあんと白玉、抹茶味のソース。  てっぺんにはプリンと、その上に生クリームとチェリー。  グラスからして、普通のパフェの三倍はあるような大きさだ。  メニューにも、「3~4人前です」とちゃんと断り書きが書いてある。  オーダーするとき、ウェイトレスにも確認された。
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!