第5話 悪魔(オグル)

1/2
33人が本棚に入れています
本棚に追加
/55ページ

第5話 悪魔(オグル)

 眉根を寄せる深雪に、オリヴィエは淡々と話し続ける。 「修道院で暮らし始めた私は、すぐにある事に気づきます。自分の身の内に、何か得体の知れない者が存在することに。……私は言いようのない恐怖に駆られつつも、幾度も気のせいだと思い込もうとしました。けれど、それは確かに存在するのです。  おまけに、彼は私の中に棲み付いていて、そこから出て行く気配はまったくありません。やがて私は、恐るおそる、彼に話しかけました。あなたは何者なのか、どこから来たのか、どうして私の中にいるのか。彼はその質問にすべて答えました」 「ええと……つまり、二重人格みたいなものってこと?」 「そうかもしれませんね。ただ、彼が何者であるかは、私にとってどうでも良かった。恐ろしかったのは、彼が信じられないほどおぞましく、下劣な思想を持った、禍々しい悪魔だったということです。彼の主義主張など、口にするのも汚らわしい。決して存在を許してはならない、まさに悪魔そのものです。ですから、私は彼を、悪魔(オグル)と呼んでいました」 「よ……よっぽど嫌いだったんだね」  先ほどオリヴィエは、奈落のことを憎たらしげに悪魔と呼んでいたが、悪魔(オグル)に対する感情とはまるで違う。オリヴィエは心の底から悪魔(オグル)を忌み嫌い、同時に恐れているように感じた。  それは深雪の気のせいではなかったようだ。オリヴィエは若干、強い口調で、忌々しげに吐露する。 「私は、悩み苦しみました。どうしてこんな悪魔(オグル)が、自分の身の内に宿ってしまったのか、神に背き悪魔(オグル)を宿してしまった自分は、償いようのない恐ろしい罪を背負っているのではないか、と。あまりの罪深さに、自らの死を考えたこともあります。もし私が自死すれば、あの悪魔(オグル)も一緒に葬り去ることができるのではないかと思ったのです。しかしそれは、一度も成功しませんでした。私がどれだけ死を望んでも、身の内に棲む悪魔(オグル)とこの《聖痕(スティグマ)》が、死なせてはくれないのです」 「その……悪魔(オグル)は、今もオリヴィエの中にいるのか?」 「いえ、今はいません。悪魔(オグル)と私は、二つに分かたれたからです」 「分かれた……? どうやって?」  深雪がそう訊ねた瞬間、オリヴィエの両手の甲から、どす黒い血が――《聖痕(スティグマ)》が凄まじい勢いで滴り落ち始めた。今やオリヴィエの白い手袋は、指の先まで真っ黒だ。そこからさらに血が溢れ出し、ボタボタと大きな雫となって地面に滴り落ちる。  ここまで来ると、いくら大丈夫だと言われても、さすがに看過するわけにはいかない。 「それ、本当に大丈夫か? 俺、救急箱を持ってくるよ!」 「え……ええ。すみません」  深雪は事務所の二階に向かうと、ミーティングルームの奥にある備品倉庫へと向かった。そこから救急箱を取り出し、一階に戻ると、キッチンに置いてあるダイニングセットの椅子へ、オリヴィエを座らせる。  手袋を外させると、オリヴィエの手全体がどす黒い血で染まっていた。深雪は消毒薬を含ませたコットンで血を拭き取り、オリヴィエの手に包帯を巻きながら尋ねた。 「もしかしてだけどさ、《聖痕(スティグマ)》がコントロールできていないんじゃないのか?」 「私が悪魔(オグル)の話をしたからでしょう。恐れと怒り、そして激しい殺気を抱いているのを感じます」  深雪はその言葉を奇異に思った。オリヴィエの言葉だと、自分のアニムスなのに、まるで他人の力のようだ。いや、むしろ《聖痕(スティグマ)》にオリヴィエとは別個の人格と意思が宿っているかのように聞こえてしまう。 「それから……」 「それから?」 「いえ……何でもありません」   オリヴィエはそう言って瞳を伏せた。顔色は、やはり悪い。話の内容を深雪に打ち明けるのが辛いこともあるだろうし、《聖痕(スティグマ)》が暴走して大量の血を失っているので、余計に血色が悪いのかもしれない。わずかの間、静寂がキッチンを包む。それを破ったのは、オリヴィエだった。 「……話を戻しますが、修道院の子どもたちを殺害したのは、悪魔(オグル)です」 「え……でも悪魔(オグル)は、オリヴィエの中にいるんだろ? それじゃ、オリヴィエが子供たちを殺したって事になってしまうんじゃ……?」 「それはある意味で事実であり、違うとも言えます。……先ほども言いましたが、悪魔(オグル)は私の中から去っていきました。私から離れ、それでも存在し続けるために、修道院の子どもたちを殺す必要があったのですよ。悪魔(オグル)が必要としたのは、彼らの血と肉です。修道院でともに育った私の友人たちは、悪魔(オグル)の欲望の餌食となってしまったのです……!!」 「……」 「あれから、悪魔(オグル)とは一度も会っていませんが、悪魔(オグル)は今もどこかで存在しているはずです。私が東雲探偵事務に入ったのは、それが原因の一つでもあります。この事務所の面々であれば、万一、私に何かあっても、うまく対処してくれるでしょうから……」  つまり、オリヴィエが東雲探偵事務所に協力しているのは、自らが悪魔(オグル)という存在に脅かされているからなのだろう。オリヴィエは東雲探偵事務所に協力していると同時に、その身を事務所から守ってもらっているのだ。そういった意味では、深雪と立場が似ているかもしれない。――ただ。 (何か……よく分からないな。いわゆる多重人格症の話みたいに聞こえるけど、それとはちょっと違うみたいだし……)  実際、今までオリヴィエと接してきて、多重人格を疑ったことは無い。そういった複数の人格がオリヴィエに現れたことも無いし、いわゆる多重人格――解離性同一障害の条件とはさまざまな点において食い違う。  それに分裂した人格が統合するならまだしも、その人格の一つがそのまま消え、片方だけが残ることがあり得るのだろうか。オリヴィエの言う悪魔(オグル)とは、一体、何なのだろう。  すると、深雪の困惑がオリヴィエに伝わってしまったようだった。オリヴィエは悄然(しょうぜん)として肩を落とす。 「……すみません。荒唐無稽な話をしてしまいましたね」  深雪は慌てて否定しようとしたが、すぐに、それでは却って逆効果になると気付いた。オリヴィエは気づいているのだ。自分がおかしな話をしていると。でも深雪はオリヴィエの話を頭ごなしに、おかしい、矛盾していると決めつけたくなかった。 「ごめん、ぶっちゃけて言うと、完全には理解してないと思う。……でも俺は、オリヴィエの言うことを信じるよ。オリヴィエは嘘をついたりしないって知ってるから」  それを聞いたオリヴィエは、少しだけ嬉しそうに微笑んだ。 「ありがとうございます。……深雪は優しいですね。日本に来てこの話をしたのは、六道に次いで二人目です」  やはり、と深雪は思った。オリヴィエの過去や悪魔(オグル)の存在は、六道も知っているのではないかと思っていた。そして六道は、オリヴィエの話を事実だと認めたからこそ、こうして事務所に置いている。  だから、オリヴィエの話が事実ではなかったとしても、何らかの事情は潜んでいるのだろう。
/55ページ

最初のコメントを投稿しよう!