キラ 二分の一

「キラキラがたとえ二分の一だって私は輝く。この世界に生きている限り」完全詩的青春小説をどうぞ!よろしくお願いします。

音下 タルト

1時間32分 (54,730文字)
あっという間に一年もブランクあいてしまいましたが、ぜひぜひ読んでみてください!

35 465

あらすじ

こんにちは。音下タルトです。 ポプラキミノベル小説大賞応募作品です。 規定に従い、描写を少し書き換えた箇所がございます。 (規定:性的描写 キスまで) 今回は、ちょっとレア?かもしれませんが鯉生

感想・レビュー 1

良質なドラマを見ているよう

とても瑞々しい物語ですね。 家族間の様々な愛情の形、それがうまく伝わらないもどかしさ、立夏の純粋な思い、泰介の淡い想い、自然の驚異……それらが折り重なって描かれていて、まるで良質なドラマを観ているよう
1件