キラ 二分の一

「キラキラがたとえ二分の一だって私は輝く。この世界に生きている限り」完全詩的青春小説をどうぞ!よろしくお願いします。

音下 タルト

1時間40分 (59,991文字)
あっという間に一年もブランクあいてしまいましたが、ぜひぜひ読んでみてください!

29 389

あらすじ

こんにちは。波音です。久しぶりに新作書きました。 今回は、ちょっとレア?かもしれませんが鯉生産業を背景に描いてみました。知らない世界を勉強しつつ、、、。 集落で双子のもとに生まれた少女と内気なサッカ

感想・レビュー 2

総天然色の淡麗な物語

確かな筆致で精緻に描かれた小説です。とりわけ情景描写や登場人物の心情が丁寧に描かれていて、リリカルな印象を読み手に与えるのが素晴らしいと思いました。更に、この小説はメッセージ性が高く、それを破綻なく自
1件

良質なドラマを見ているよう

とても瑞々しい物語ですね。 家族間の様々な愛情の形、それがうまく伝わらないもどかしさ、立夏の純粋な思い、泰介の淡い想い、自然の驚異……それらが折り重なって描かれていて、まるで良質なドラマを観ているよう
1件

この作者の作品