【先生/師匠】最後の本因坊

囲碁の名門、本因坊家は、歴史の最期に強烈に輝く!

新垣悠紀穂

3時間34分 (128,368文字)
囲碁名門・本因坊最後の名人秀和の激動の人生を見よ!

6 53

あらすじ

 天保五年(一八三四年)の江戸・上野車坂下の囲碁道場で、囲碁家元本因坊家の内弟子、十四歳の本因坊秀和(ほんいんぼう・しゅうわ)は門人を相手に囲碁の指導を行っていた。そこへ、石州浜田藩の家老・岡田頼母(

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る