蔵の中

大正時代、帝大生である兄弟の想いの行く末

九藤 朋

恋愛 完結
35分 (20,478文字)
耽美な世界の構築を心がけました。

8 233

あらすじ

大正時代。帝大に通う紫水晶と薔薇の兄弟は一軒家を借りて二人住まいをしていた。 妖しくも美しい兄と弟は互いに惹かれ合うが、兄の紫水晶は、胸の病を抱えていた。 軍靴の音が聴こえる時代、彼らはどのように生き

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る