31 逃避行

1/2
545人が本棚に入れています
本棚に追加
/67ページ

31 逃避行

(初めてかもしれない。太陽が昇っているこんな明るい日中に、ここへ来るなんて)  リリアナは目の前の、想像以上にボロく今にも自然解体してしまいそうな小屋をボンヤリと眺めた。  掃除の前に倒壊するんではないのかと思いつつも、手のひらでしっかり握りしめていた鍵を、目の前に掲げた。 「皮肉なもんだ。初めて好きになった人からのプレゼントが、小屋の鍵……」  きっと彼が一番大切にしている空間。自分の世界だけにしているその場所への鍵を、渡されたことの意味。  そして、そんな彼を裏切る為に鍵を手に入れた自分。  知らず溜息が漏れる。  初恋とは、楽しいものだと思っていた。何もかも見えなくなってその人のことだけでいっぱいになって、世界の中心が自分であるものだと。そんな簡単に味わえることのない“無我夢中”に浸れるものだと思っていた。  だけど実際は、恋心なんてもたないほうがよかったとさえ思う。そうすればずっと、ずっといれたのだ、あの楽しくて穏やかで変なところで真面目で、なのに傲慢なフリをする魂まで綺麗だった人のそばに。 「よし、やるか」  リリアナは、足元に置いていたバケツと雑巾、箒を持って小屋の扉前まで進み、ジルベルトから貰った鍵を錠前に差し込んだ。  ガチャリと立派な音が鳴り、錠前のフックが持ち上がった。 「おお、ジルベルト様、ちゃんと鍵出来上がってましたよ」  ギシギシ揺らしながら木戸を開き小屋の中へ入れば、発光石の時よりもしっかり部屋が見えた。  四方の棚一面には、製作品という名のガラクタと図面や資料が突っ込まれている。見た目はぐちゃぐちゃだが、どうやらジルベルトの頭の中では何がどこにあってとか、種類分けされ置いてあるらしく、そこは触らないことにした。  籠や木箱などをずらしては床を箒で掃いて、雑巾で綺麗に拭き取りをしていく。  小屋は狭く、机など置いてないのでいつもジルベルトは床に座り込んで作業をしていた。 「いやー、あんな見た目キラキラの人が、こんなボロボロの小屋で座り込んでるとか、面白いしかないな……」  ジルベルトがよく座る位置を念入りに拭きながら、俯いているせいか涙がこぼれてしまう。それをまた拭いては、ポタリと落ちる雫に「もうっ」とリリアナは顔を上げて、別のことを考えることにした。  酒場の女将と主人には手紙を書いている。数日後には届くだろう。心配させるかもしれないが、城に永久就職するので帰れないと、口裏を合わせてもらう約束を手紙に書いて部屋に置いてきた。テレーザやヴェラ、チェルソンへの詫びと感謝も。  だけど最後まで、ジルベルトへの手紙は真っ白のままだった。なんて書けばいいのかわからなかった。言葉にも文字にもできなかった。形にすることがすごく難しかった。  だから別のもので伝えることにした。  リリアナはポケットから、何枚ものメモ用紙を取り出す。思い出せるかぎりの前世の便利グッズや電化製品などを書き出したものだ。  それを床のジルベルトの定位置に置くと、ひとつの籠に向かった。  黒い布の塊が入った籠を引っ張り出し、想像よりも重たかったその塊を両手でそっと持ち上げ床に置いた。慎重に布を捲っていけば、つるりとした大きく丸い石が出てきた。 「これだ……」  以前、ジルベルトが見せてくれた不思議な石。小屋の出入り口から差し込む光に照されよく磨かれている表面は輝いているが、黒いような紫がかっているような不気味さえ感じるまだらな模様のもの。  これに触れた時にものすごいエネルギーを受け、前世の記憶を取り戻したのだ。  注意深く観察してみても、それ以外に不思議なことも怪しいこともない石だ。  だけど知っている。  一瞬でも指先が直に触れただけで、身体が吸い込まれそうな力と、またそれとは真逆に頭に入り込んでくる力を。
/67ページ

最初のコメントを投稿しよう!