マナムスメ

11/11
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ
「お母さん?お母さんならさっき居たじゃないか」 「違うよ、本当のお母さんのことだよ」 「本当のお母さん?お母さんならお風呂に……」 「違う、違うよ。死んじゃったほうのお母さんのこと」 僕はその言葉を聞いて、小春の顔を凝視した。 「死んじゃった?だからお母さんはお風呂に」 「お父さん、忘れたの?本当のお母さん。私がお腹にいるとき、たっかいビルから飛んだほうのお母さんだよ」 小春の頭に乗せた手が小刻みに震える。 思い出した。 この顔。この切れ長の目が印象的な顔は、あのときの…… 麻衣子との子作りを止めていたとき、誰かに紹介するはずだった女の顔。 妊娠のタイミング。 あの女が妊娠したと言ったとき、金は好きなだけやるから『おろせ』と告げた。 小春は無邪気な声を上げた。 「たかぁい、たかぁいとこを飛んだの。痛かったけど楽しかったよ。お母さん、どうしてか泣いてたけど……」 小さな頭から手を離し、僕は愛娘を抱き締めた。 「お父さんさん、大丈夫だよ。小春ちゃんね、わかってるから。このお話は……」 小春の顔。 娘は母親に似るとよく聞く。静かに彼女は口を開いた。 「あなたとだけの隠しごと」
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!