信じてる

1/1
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
「君のことは好きだよ?でもね、それは友達としてなんだ。」 私は、いつものように気持ちを偽って君の告白を断るつもりだった。 でも、私は知ってしまった。 君の目線の先にいるのが私じゃないこと。 そこにいたのは私の姉だということ。 なぜ、君が私の姉を好きなのに、私に告白してきたのかはわからない。 多分、姉に近づくためとかだろう。 でも、君の目的なんて私には関係ない。 だって、姉の目線の先にも君がいたから。 姉は私からたくさんのものを奪った。 好きな人も彼氏も親友も、…家族もすべて。だから、今度は私の番。 「よろしくお願いします。」 私は胸の中の黒い感情に蓋をして今日も自分の気持ちを偽る。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!