序幕 貴方に会いに行く

1/1
38人が本棚に入れています
本棚に追加
/56ページ

序幕 貴方に会いに行く

 母の遺言を耳にして、真っ先に浮かんだのがその人だった。  まぶたの裏側に暗記してしまった家系図を広げ、並んだ名に次々とバツ印をつけていく。無駄な作業に十年以上かけてしまった。それでも、今日というの日を迎えられたのならばなんでもいい。 「嬉しそうだな」 「まあね」  深緑がむせかえりそうに揺れる山々に別れを告げ、一人の少年が村をあとにした。
/56ページ

最初のコメントを投稿しよう!