1.月と花の姉妹

1/21
3751人が本棚に入れています
本棚に追加
/357ページ

1.月と花の姉妹

 死別した妻は隙がなく、義妹には隙があった。    姉妹は似てなどいなかった。でも、顔つきが似ていた。なのに全く似ていない。  わかりやすく喩えると、妻は白い服が似合い、妹は黒い服が似合う。それぐらいに持っているムードが相反していた。  妻は胸元に気遣い完璧に隠すなら、妹は無意識にそこを匂わせていた。  だからといって、妹の花南が男に媚びてしている訳でもなく、彼女がその服を着ると、胸元が開いていなくてもそこに色香を匂わせている。  妻は常に微笑みを湛え、妹は常に澄ましている。  姉の『美月』は、月ではなく花のように華やかで。妹の『花南』は、陽気な花ではなく月のように静かだった。  だが、実際のところ。名は体を表す――は、姉妹に当てはまっていた。  姉の仮面は花で、本当は月の(あやかし)。完璧な姿をした人形のよう。本性わからぬ、遠い光。  妹は匂う花なのに、ひっそりと夜の片隅で咲く控えめの……。でも奥底に触れると、肌を熱くする。  『生きている』。そんな熱を感じさせてくれたのは、妹だった。    二年留守にしていた義妹が、この夏、西の京に帰ってきた。
/357ページ

最初のコメントを投稿しよう!