トトノエの日に

今日はトトノエの日。年に一回、昼と夜のあいだだけ、島へとつながる砂の道が現れる日なんだ。

三日月幸太郎(しばらく低速飛行です)

12分 (6,929文字)
妄想コンテスト「昼と夜の間」優秀作品。

10 503

あらすじ

今日はトトノエの日だ。年に一回、昼と夜のあいだだけ、トトノエ島へとつながる砂の道が現れる。でも、決してトトノエ島に行ってはならない。心が空っぽになるから。 トトノエの日に、少年少女は、トトノエ島に行

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る