プロローグ

1/1
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/51ページ

プロローグ

受験勉強真っ盛りという中三の十月。 私の学校の象徴でもある紅葉した楓の木が、窓の外で爽やかな風に揺れている。そんなとあるHR。彼はこの学校に来た。 「宇高美華吏(うだかみかり)です。仲良くしてくれると幸いです。よろしくお願いします」 彼はそう言って礼をする。 私はその時、机にうつ伏せしていて聞き耳だけをたてていた。だから名前を聞いたときは正直、声も少し高いからか、女かと思った。 その上何故だか、聞き覚えのあるような懐かしくて不思議な感じがした。 顔を見れば何か思い出すのかもしれない。 そう思った私はゆっくり顔を上げる。 彼は明らかに男だった。学ランを着ていたからだ。 茶色い瞳もセミロングの髪も名前も女みたい。だけど、男。 どこかで見たような錯覚にドキリと胸が鳴った。 だれかに似ている、とかではなく、前から知っている人のような気がしてくる。 小学校の友達かとも思ったけれど、思い当たる顔がない。 そして何故だか、さっきからずっと私のことをまっすぐ見つめている。 一言で言えば、どこからどう見てみても不思議な人。それが彼への第一印象だった。 この物語は彼が転校してきてから一週間経つ頃に始まりを告げるのであった。
/51ページ

最初のコメントを投稿しよう!