花火に落ちる影は揺れていた

1/4
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

花火に落ちる影は揺れていた

 日が暮れた跡でも蒸し暑さを感じるようになってきたこの時期、納涼祭もあちらこちらで目立ち始めていた。勿論、この商店街も例外じゃない。  身動きが出来ない程の人で溢れ返り、何処の屋台も慌ただしい。何よりも、熱気と(うるさ)さがここ一帯を覆っていた。それなのに、とても賑やかで、楽しそうにも見える。そんな空気が嫌いではない。  だが、今の僕達にはどうしてもそれを楽しむことは出来なかった。  人だかりを離れ、しばらく進んだ先、商店街とは打って変わって物静かな神社の奥、雑木林(ぞうきばやし)の前。そこにあるベンチに座っていた。(くら)い中、淡い月光に照らされた彼女の浴衣姿は美しく、綺麗で、それでもって切なかった。 「(よう)ちゃん、大好きだったよ。そして、これからもずっと大好き」  そんなことを言う彼女の頬は既に濡れていた。だが、何も言葉に出来ず、涙を拭うことすらも出来ないという無力さについ俯いてしまう。  幼さ故、そんな言葉で終わらしていいものだけど、それが出来ないのが今を生きているということなのだろう。 「陽ちゃん、せっかくの告白なんだからそんな顔をしないで」 「だって、僕は何も……」 「ううん。陽ちゃんは私に沢山のことをくれたんだよ」  浮かぶ涙は月を映し出し、輝く瞳は僕の姿をしっかりと捉えていた。  思い返せば、幼馴染みである彼女のことがずっと好きだった。  幼稚園の頃からご近所さんとしてよく一緒に遊び、よく一緒に登校し、よく一緒に下校していた。そう、何をするときも大抵は一緒だったのだ。  彼女はとても気の強い女の子で、いつも僕がいじめられている時に助けてくれる。泣き虫だった僕の唯一の味方。ただただ側に居てくれるだけでも嬉しかったのだ。 「ほら陽ちゃん、泣かないの。私が側にいるから」  それが彼女の口癖。泣いた時には僕の頭を撫でてくれたりもした。  一体どれくらいの時間を過ごしていたのか、今となっては昔過ぎてよく覚えていないが。  でも、ある日から変わってしまった。  小学四年生の頃だったか。いつしか彼女は素っ気ない態度で僕に接し、僕を避けるように生活をし始めていたのだ。  遊ぶ時は見知らぬ友達と、登校する時は別の友達と、下校する時は全く違う友達と。そこでようやく気づいてしまう。僕らの間にあったのは、人間と人間、男性と女性という強く、とても深い溝だったのだと。  そんな当たり前のことを長らく忘れていた。  やがて「おはよう」なんていう何気ない挨拶ですらしなくなった。ましてや、近所なのにも関わらず、顔を合わせることさえ珍しい程にまで。  そのまま時が経ち、中学を卒業。高校へと進学した。ただ、何の偶然か、彼女と同じ学校だったのだ。こっちは単純に安全圏内へ一直線。それこそ、直前まで迷ってさえいた程。何処かの少女漫画ではあるまいし、偶然にもほどがあると思う。  ただ、正直、関わりもさほどのものでもなかったし、気に留めるほどでもない。  それでも一つ言えることがあるのだとすれば、いつの間にか彼女の態度にどこか苛立(いらだ)ちを覚えてしまったのだ。何というか、あの時の言葉が嘘だということが分かってしまったからだろうか。  兎にも角にも、好きな彼女に対し、少なからず怒りを抱えているのは、きっと僕の(みにく)いところなのだろう。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!