言葉の重み

1/1
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

言葉の重み

なぜ彼の一言で私はあそこまで泣いてしまったのか? それには彼の生き様が背景にあるから。 彼は、自身の発言にとても気を配り、責任を持つ人で。 詩を書いたり、その中で言葉遊びをしたり、とにかく『言葉』を大切にする人で。 そんな彼から食い気味に出てきた「あります!」に、どれだけ救われたか。 無責任に、その場の需要に応えて発言する人ではないから。 例え、それが叶わずとも…。 即座に、復帰を考えている、という意思表示をしてくれたことが、どれ程の説得力を持っていたか、ファンならみんな分かるはずで。 私の張り詰めていた糸が切れたのだ。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!