ここは感情図書館

1/17
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/17ページ
 ある春の日のことである。  曽祖父の靴を 『整理してたら見つけた。モノはいいから履け』 と言って母に押し付けられた私は、その足で、退屈しのぎのため地元の図書館へと足を運んだ。  いくらなんでも古すぎる靴なのだが、たしかに品質はいい。  だがしかし、右の靴に石ころでも入っているのか、歩くたびにころころとした違和感があり、足の裏が傷んだ。  その痛みはいよいよ図書館に入る前に限界となり、私は辛抱溜まらず靴の踵で三回、レンガ敷きの床を蹴ると、一瞬、視界が回った気がした。
/17ページ

最初のコメントを投稿しよう!