悪役女子“陽奈子“”

1/3
44人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

悪役女子“陽奈子“”

 母親の三面鏡の前に立つのは、西洋人形みたいに可愛い女の子。  柔らかな栗色の髪に大きなリボンを付けて、フリルがふんだんに使われたピアノの発表会用に買ってもらったピンク色のドレスを着た美少女は、ぱっちり二重の色素の薄い緑がかった大きい瞳に涙をいっぱい溜めてじっと見上げてくる。  色白な肌が羞恥でほんのりピンク色に染まり、陽奈子は心臓がドキリと跳ねた。  こんな可愛いのに色気を感じさせる表情、少女への性的嗜好を持つ人が見たら涎ものだと思う。 「やだよぅ、恥ずかしいよ」  ドレスの腰回りに付いたリボンを握りしめ、モジモジする総ちゃんが可愛いらし過ぎて陽奈子は身悶える。 「何これめっちゃ可愛い」  今まで自分はノーマルで、可愛い少年を苛める嗜好は無かったけれど、こんな可愛い姿を見たらもっともっと苛めたくなってしまうじゃないか。  次はどんなことをして苛めてやろうか。可愛い服を着せて一緒に出掛ける? スーパーの女子トイレに一緒に入るのはどうだろう。  鼻息を荒くした陽奈子は、そこまで考えてハッと気付いた。 「うん? 可愛い少年?」  少年、少年って何だ。泣きべそ顔で見詰めてくるのは、どこから見ても可愛い美少女じゃないか。 「陽奈ちゃん、もぉ許して」  大きな瞳に溜まった涙はついに決壊して、ポロリと零れ薔薇色の頬を滑り落ちた。  泣かしてしまったこの可愛い子は、総ちゃん。そして陽菜ちゃんと呼ばれた自分の名前は陽奈ちゃん、鈴木陽奈子。 「総ちゃん。あれ? 私は、陽奈子……?」  バラバラになったパズルのピースがしっかりはまり、陽奈子の頭の中である記憶が甦り弾ける。 「ぎゃー!?」  弾けた記憶は巨大な渦となり陽菜子を飲み込む。  記憶の洪水に襲われて、女子とは思えない野太い悲鳴を上げてしまった。 「ひ、陽奈ちゃんっ?」  意地悪な顔でニヤケていたのに、急に豹変して恐怖で絶叫し出した陽奈子に、驚きのあまり涙が止まってしまった総ちゃんはおろおろと狼狽える。 「可愛い総ちゃんは嫌ぁー!!」  二度絶叫した陽奈子は、そのまま後ろへひっくり返って意識を失った。  白目を剥いてひっくり返った姿は、確実に総ちゃんのトラウマとなることだろう。  だが、この時の陽奈子には彼を気遣う余裕なんて全く無かった。  可愛い美少女となった幼馴染みの総ちゃんを見て、脳裏に甦った記憶は所謂前世の記憶というやつだ。  前世、としか説明しようがない記憶の中に出てくるは陽奈子平凡な容姿をした女子大学生。  前世はどうやって人生の幕を閉じたのかは分からないけれど、ゲーム会社に勤めている姉に頼まれた陽奈子はあるゲームの試作品をやっていた。  ゲームは試作品のためタイトルはまだ決まってなかったが、女装が趣味の高校生の男の娘が主人公で、内容はとある高校を舞台に麗しき教師や先輩、同級生や後輩を攻略していきイチャコラするBLアプリゲームだったと思う。  男の娘のBLとか、どこのジャンルの人がやるんだよと思いつつ、姉のために淡々とプレイしていった。  そのBLゲームの主人公、男の娘は色白でつぶらな瞳が可愛くて「こりゃ男でも惚れるな」と素直に頷いてしまう容姿。  その主人公の男の娘は、まさかの幼馴染みの総ちゃんこと、総一郎君。  そして陽奈子は、幼馴染みの総一郎を苛め倒した上に無理矢理女装をさせて、女装趣味に目覚めさせてしまうとんでもない悪役女子。  ゲーム内でも主人公の恋路を邪魔して苛めまくり、最後は主人公に攻略されたヒーローに断罪されて高校を退学させられちゃう悪役女子、鈴木陽奈子だったのだ。  倒れて高熱を出した後、甦った記憶の情報量を処理しきれずに高熱を出した陽奈子は、どうにか悪役女子になる未来を回避しようと思考を巡らす。  主人公に関わらないのが一番なのだが、家が隣だし仕事が忙しい総一郎の両親に頼まれて学校後は、我が家で一緒に過ごすことが多いため関わらないのは無理だ。  関わらないのが無理ならば、総一郎が男の娘になるのを阻止するしかない。  幸いにも総一郎はまだ八歳である。母親がフランス人の幼い総一郎は美少女にしか見えないが、今からガッツリ鍛えれば男らしくなれるんじゃないか。  ついでに陽奈子も心身ともに鍛えれば、悪役女子になんかならず普通の女子として過ごせるはずだ。  麗しき攻略対象キャラと恋仲になるとか全く興味ないし、男の娘になるのを阻止した結果、総一郎がBLに目覚めたいなら止めやしない。  せめて外見だけでも男らしくなってくれれば、破滅フラグは折れるのではないか。悪役女子にはなりたくないし、高校退学苛めっ子として訴えられて家族は引っ越し陽奈子は見限られ一人ぼっちになるという、悲しい未来は阻止しなければならない。  こうして前世の記憶が甦った八歳の時から、破滅フラグをへし折るための戦いが始まったのだった。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!