01.始まりは婚約破棄

1/2
1012人が本棚に入れています
本棚に追加
/81ページ

01.始まりは婚約破棄

 ソレイユ王国では貴族子息令嬢、平民でも入学試験に合格さえすれば入学出来る王立学園がある。  王立学園では卒業式まであと一ヶ月となり、生徒会メンバーを中心に卒業パーティーの準備に追われていた。  特に今年は卒業生の中に王太子がいることもあり、見送る在校生と職員達はいつになく緊張感に包まれていた。 「立食式となるため、一口サイズの軽食はどうかしら」  現生徒会副会長から卒業パーティーの相談を受けて、多目的ホールの学習スペースで前年度の卒業パーティー計画書を机上に広げているのは、王太子の婚約者、シュライン・カストロ公爵令嬢。  彼女は、腰までのホワイトブロンド、アメジストを彷彿させる紫色の瞳をした佳麗な容姿だけでなく、常に上位の成績をキープし学園での肩書きは前生徒会副会長という、正に未来の王妃に相応しい令嬢だと生徒達から慕われていた。 「失礼する。シュライン嬢、殿下がお呼びだ」 「殿下が? ごめんなさい、続きはまた明日でよろしいかしら?」 「はい、よろしくお願いします」  王太子の側近の一人、騎士団長子息から声をかけられたシュラインは副会長へ断りを入れて椅子から立ち上がった。  後輩からの相談を優先させたいところだが、婚約者である王太子の呼び出しは無視出来ない。  引き締まった長い手足と、燃えるような赤い短髪をもつ騎士団長子息は、自身の足の長さとシュラインの足の長さなど配慮せずに自分の歩幅で歩く。後ろを確認することもなく歩く、騎士団長子息の後をシュラインは小走りでついていく。 「失礼します」  騎士団長子息に案内された空き教室で待っていたのは、眉間に皺を寄せた“沈痛な面持ち”をした金髪碧眼、見た目は完璧な王子様。 「これ以上、自分を偽ることなど出来ない。シュライン、君との婚約を破棄したい」  拳を握りしめ、珍しく強気な口調で王太子は言い放つ。  前置きも無く、突然言われた芝居がかった台詞。 「はぁ?」と反射的に声を出した瞬間、パチンッとシュラインの脳内で何かが弾ける音が聞こえた。 (あ、これってテンプレな展開だ)  そう思ってから、シュラインは首を傾げる。 (テンプレって、なに?)  知らない言葉なのに、何故かこれはテンプレな展開だと納得してしまう。 (ナニこれっ?!)  突如、脳裏へ浮かび上がってきた情報にシュラインの目が大きく見開かれる。  大量の知識に押し潰されそうになり下唇を噛んで堪える。一人だったら、此処が自室だったら頭を抱えて踞ってしまったかもしれない。 (これは、ラノベやネット小説ではお決まりの婚約破棄の展開?)  この世界に生まれるよりずっと前、今よりも大人の女性で男性に混じって仕事をしていた黒髪黒目をしたシュラインは、ヒロインを苛めた悪役令嬢が婚約者の王子から断罪、婚約破棄されるネット小説を読んだことがあった。 「シュライン、聞いているのか?」  無言のまま俯くシュラインを怪訝そうに見る王太子の声で、我に返り顔を上げる。 (金髪碧眼で、恋愛ゲームか恋愛小説のメインヒーローそのまま、といった外見ね)  婚約者の王太子の顔をじっくり見て納得してしまった。確かに彼は立場も顔も、ヒロインが攻略するメインヒーローになれそうだ。 (卒業パーティー当日で婚約破棄宣言されるよりは、空き教室に呼び出されての婚約破棄、一ヶ月前のタイミングで言われるのはマシなのかしら。まぁ学園内も外ではヒロインを苛めてもいないし、用事がなければ殿下にすら近付いてもいなかったもの)  吐きたくなる溜め息を堪え、王太子と彼の背後に立つストロベリーブロンドの女子生徒へ視線を向けた。 「申し訳ありません。突然のことで驚いてしまって。婚約破棄の理由は、ヘンリー殿下に好きな方が出来た、ということでしょうか?」  女子生徒はビクリと肩を揺らし、不安げにヘンリーを見上げる。 (ヘンリー殿下の恋人は、確か一年ほど前に編入してきた男爵令嬢か。これもまたテンプレね。それではわたくしは二人の恋を邪魔する悪役令嬢かしら) 「シュライン様申し訳ありません。私が、私がヘンリー様を好きになってしまったせいなのです」 「アリサ、君は悪くない。僕が君を選んだんだ」 「ヘンリー様」  新緑色の大きな瞳を潤ませ、謝罪の言葉を口にしたアリサの肩をヘンリーが優しく抱く。 (ナニコレ? 茶番劇過ぎる)  ヘンリーとアリサの後ろへ立つ騎士団長子息と黒髪の眼鏡をかけた男子生徒、魔術師団長子息は複雑そうな表情で二人を見守る。
/81ページ

最初のコメントを投稿しよう!