15.強欲な彼女

1/2
1011人が本棚に入れています
本棚に追加
/81ページ

15.強欲な彼女

 頭を鈍器で殴られたような衝撃を受け、一瞬意識が遠退きかけた。リアムに顎を掴まれたまま、シュラインは顔を左右に動かす。 「な、何を言っているの? アリサ様がアルフォンス様と結ばれるだなんて、許されるわけないじゃない! 彼女は王太子の、ヘンリー殿下の婚約者なのよ!」  元老院が認めた王太子の婚約者、シュラインから略奪したのでさえ顰蹙を買ったというのに、王太子の現婚約者となったアリサが既婚者の王弟へ鞍替えするなど、姦通罪で捕らえられるどころじゃない。王族に対する反逆罪で、彼女の一族は処刑されるだろう。 「よく分からないけれど、婚約破棄はしなくてもアル様とも繋がりたいんだって。逆はー、とか言っていたかな? アリサ様は、王太子殿下よりアル様の方が大人で格好いいんだってさ。それに、王太子殿下は下手くそで、アル様の方上手そうだからだって。理由が酷いし怖いよね」  笑いを堪えて話すリアムとは違い、シュラインの顔からは血の気が失せていく。アリサの考えはとんでもないが、彼女が言っていた“逆はー”の意味は、まさか…… (逆はーとは、逆ハーレムのこと?! まさかアリサは、わたくしと同じ、前世の記憶があるの?! 逆ハーレムを作るようなテンプレヒロインなら、アルフォンス様は?!) 「わたくしを解放してください」  先ほどとはうって代わり、真っ直ぐリアムの目を見るシュラインの顔色は悪いままだが、体の震えは治まっていた。 「何故? 僕が?」 「貴方はアルフォンス様を好いているのでしょう? このままアリサの好きにさせて良いの?」 「解放は出来ないなぁ。上手くいったら、アリサ様は僕を愛人にしてくれるって約束してくれたんだ」 「愛人って、どっちの?」  アリサが約束したのは、彼女の愛人なのかアルフォンスの愛人なのか。逆ハーレムを本気で作る気ならば、もしや彼女はリアムも攻略したのか。  嫌悪感でシュラインの体は鳥肌が立つ。  顔を顰めるシュラインに対して「さてね」とリアムは首を傾げた。  バタンッ、ギィィ……  ゆっくりと扉が開き、ジャケットを脱いだニコラスが部屋へ入ってくる。 「さぁ、お喋りは終わりだよ。今から奥様は彼に凌辱されなければならない。なるべく痛くしないようにしてもらうし、僕も手伝う。嫌なら薬を使って気持ちよくしてあげるから、抵抗はしないでね」 「なっ、絶対に嫌よ! 冗談じゃないわっ!」  体を捻って逃れようとするシュラインの肩を掴み、リアムは彼女の体を床へと押し付けた。
/81ページ

最初のコメントを投稿しよう!