そういう目で見ています。

1/6
919人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

そういう目で見ています。

「月蔵さん、継続を依頼されているのだけれど、構わないかしら?」 月蔵詩乃(つきくらしの)、私は派遣社員だ。 正社員ではあるのだけれど、その部署では、秘書やアシスタントを派遣する業務があり、私はその部署に所属してしている。 本当のプロ派遣。 数ヶ月おきに契約で、会社から依頼を受けた先に派遣されて業務をこなしている。 内容は様々。 自身が秘書やアシスタントとして、仕事をすることもあるし、業務に慣れていない秘書さんに、仕事を教えることもある。 今回は、辞めてしまったアシスタントの代わりに数ヶ月、仕事をしてほしいと言われており、今月末はその3ヶ月目だった。 本来ならばこの会社からは、引き上げる予定なのだったけれど。 「次の仕事が入っていないのならば、私は構いません。」 「ん。今のところは大丈夫かな。じゃあ、あと3ヶ月、お願いします。」 3ヶ月継続する書類に署名して、自社の上司との面談を終える。 「社長、面談終わりました。」 「はい。あ、…。」 彼は言い淀む。 「継続の件は伺いました。ご契約、ありがとうございます。」 「良かった。月蔵さんがいてくれると、とても助かるから。」 「そう言って頂けると、とても嬉しいです。」 私はにっこり笑う。 私も会社の名前を背負って来ているのだ。 会社の評価を下げるわけにはいかない。 安心した様子で、私の上司との面談に向かった社長の後ろ姿を私は見送った。 ──後ろ姿は特にヤバいわ。特に腰からお尻にかけてのライン。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!