そういう目で見ています。

5/6
910人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ
「月蔵さんの視線には何か感じる。君は何を見ているの?」 …っく、… …この人がここまで言っているのに、私が言わないのは何かフェアではない気がします。 「スーツ…です…。」 「スーツ…?」 「正確にはスーツを着ていらっしゃる社長のお姿、です。」 言ってしまった。 「へえ…。」 きらりと瞳が輝いたような気がするのは気のせいなのでしょうか。 「それが、月蔵さんのツボなの?」 コクリと詩乃は頷く。 頷くしかないではないか! 頷いた詩乃の首元を、社長がその指ですうっと撫でる。 「ん…っ…。」 「感度までいいなら、最高だな。」 「え?!」 思わず、自分のうなじを手で押さえてしまう詩乃だ。 「俺のこと、嫌い?」 嫌いなわけがない。 つい、そのスーツ姿ばかりを熱く語ってしまったけれど、そのお顔立ちもきりりとしていて、いわゆる、イケメンなのだし。 詩乃のツボ、であるスーツは完璧だし。 社長、なのだから、もちろん社会的立場もしっかりしている。 しかも取引先。身元はこれ以上ないくらいハッキリしていて。 その綺麗な顔がくすりと笑って、詩乃のうなじの手を退けると、ちゅ…とキスをして、甘く噛む。 「…あ…。」 「(たま)らないな。詩乃ちゃんは?」 詩乃の手を握ったままの社長は自分の首の後ろに、詩乃の手を回させる。 くらり、とした。 「なんか…どきどきします。」 「うん。俺も。」 見るだけだった、人に…触れてしまった。 温かい肩や…首に…。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!