Prologue

1/1
320人が本棚に入れています
本棚に追加
/99ページ

Prologue

いつかこんな日が来るって わかっていた。 わかっていたのに辛いのは 何故だろう。 流れる涙を拭うこともせず わたしは夜の東京を彷徨う。 良かった。 都会は優しいな。 どんなに泣いても 振り返る人も声をかけてくる人もいないから 思いっきり泣ける。 それでもふとアイメイクが気になって 手首で涙を拭いて立ち止まり ショーウインドの中に映る自分を見た。 あまりに惨めで情けない顔に 鼻を伝って心の底にも一滴、涙が流れ落ちた。 ああ、冷たい。 これはきっと罰なのかな。 彼を繋ぎ止めたくて、 彼の浮気なんて知らないふりして 結婚してしまおうとして私がついた 幾つもの嘘に対する罰。 ビルの合間からいつも見えるはずの月は 跡形も無く雲に隠れて見えなかった。
/99ページ

最初のコメントを投稿しよう!