だるまさんがころんだ

1/1
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ

だるまさんがころんだ

 ノスタルジーという感情がある。  『なんだか懐かしい』という感覚のことだ。  よく耳にする事はあったが、ああいった感情はもう少し大人になって、年をとってから湧くものだと思っていた。  しかし俺がそれを感じたのは高校生の段階だった。  俺の家までの通学路には小さな古い神社がある。  古いとは言っても、きちんと神主はいて、初詣や七五三などを行っている地域に親しまれている神社だ。よく地区の『子ども会』がそこで催されたりもしていた。  小学生の頃はよく友達と学校帰りにそこで遊んでいた。  神社というものは周りは木々で覆われていることが一般的で、例に漏れずこの神社もそのような造りだ。  そのため、境内で遊べる範囲は階段を上がった拝殿前の狭い範囲だけだった。  その範囲で『鬼ごっこ』や『はないちもんめ』だとか、『だるまさんがころんだ』などをして遊んでいた。    夕暮れ時の帰り道、その神社が夕陽に包まれているのを見て、「そんな小学生時代を過ごしたな」と足を止めた。  夕日の中というのは、なんとなくセンチメンタルな気分になる。無性に懐かしい気持ちがあふれてきた。 「これがノスタルジーってやつか」と一丁前に思っていた。  それで寄り道をして境内に入った。  もう日が沈みかけていたから、俺以外には誰もいなかった。  秋の虫の声だけが鳴く静かな境内を一人でぶらつきながら、「あの頃と変わらないなぁ」と感傷に浸っていたんだ。  ……それだけにしておけば良かったんだよなぁ。  その時点で帰っておけば良かったんだ。  その神社には、大きな杉の木がある。もちろん神社には他にも木はあるが、先ほど述べた『拝殿前の遊べる範囲』の一番右端あたりにある。  そのため、右端の杉の木に鬼がへばりつき、他の者は左端からスタートすると直線で『だるまさんがころんだ』が出来るのだ。  俺は杉の木に近づいて、あの頃を思い出しながら、「だるまさんがころんだ」と声に出して振り返った。  境内には俺ひとりだけだったはずだ。  拝殿前に来るには階段を上がってこないといけない。そんなやつはいなかった。  振り返っても、本来は誰もいないはずだ。  それなのに……誰かが立っている。  境内の左端のスタート位置、そこに誰かがいる。  もしかしたら見間違いかもしれない。  俺はもう一度、杉の木に向き直し、今度は何も言わずに振り向いた。  そいつは動かず、そこにただじっと、じっと俺の方を見ていた。  俺はまた杉の木に向き直し、次は「だるまさんがころんだ」と言って振り向いた。  近づいてきている。    そいつは動かない。  じっとこちらを見つめてくる。  だが、最初の位置よりこちらに、俺の方に向かってきているのは明らかだ。  気がつけば俺の足は動かせなくなっていた。動かせるのは上半身だけ。  俺は理解した。  嫌な汗が止まらない。  俺と得体の知れない奴との『だるまさんがころんだ』が開始された。  そして、俺が《鬼の役》だ。  鬼が勝つ条件は、振り向いた瞬間に相手が動いたことを指摘すること。 《だるまさんがころんだ》  この10音を発音する間だけ相手は背後で動くことが出来る。  この10音をどうやって使い、相手が動くのを視界に入れることができるか。  俺とあいつ。  2人しかいないから、相手が近づき、タッチされたら俺の負け。  もし、負けてしまったら……。  緊張感で吐きそうだ。  こんなことは久しぶりだ。  俺はごくりと唾を飲み込んだ。  解放されるには、勝つしかない……。 「だるまさんが、ころんだ!」  俺は出来るだけ「ころんだ」を早口で言ってから即座に振り向く。  更に近づいてきた相手を見る。  しかし、動いてはいない。  うっかり動いたりしないよう、ゆっくりと安定した姿勢で俺の方へ近づいているんだ。  相手との距離は現在5メートル程度だ。  ここまで近づいてきたのではっきりとその姿が見えた。  そいつは全身黒を身に纏い、目を見開いていた。ギョロギョロとした瞳で俺の方を凝視している。身体を動かさないよう、「はぁ……はぁ……」と息を洩らしている。  それから低い声で「……なぁ。おい、なぁ……助けて、くれ……」と話すのが聞こえてきた。  俺は恐怖で叫びそうになるのを必死に抑えた。  何を言っているんだ。  助けてほしいのはこちらの方だ。   「だ……る、まさんがころんだ」  色々工夫して言ってみるが、相手の動く瞬間を捉えることが出来ない。  こいつはもう僅か3メートルほどの位置にまで寄って来てしまっている。  この距離でじりじり近づいてこられたら、ただ時間だけが過ぎていく。  日が沈んでしまう。  暗くなったら視界が悪くなる。  そうなると動いたのを確認するのが難しくなってしまう。  日が完全に落ちる前に、夜が来てしまう前に……こいつに勝たなくてはならない。  どうして『だるまさんがころんだ』には時間制限がないんだ。  早くここから出たい……。  俺は泣きながらそう思った。  冷汗が止まらない。  自分も「はぁ……はぁ……」と肩で息をする。  俺は息を整え、相手に背中を向ける。  もう考えている時間もない。  俺は早口で発音しようとした。 「だ──」  その瞬間、背後でズザッという地面の砂利が飛び散る音が聞こえた。  こいつはあろうことか、走り始めたのだ。  しかしこの距離で走り始めたのはこいつの判断ミスだ。  タッチされる前に振り向けば、必ずこいつは止まった時の反動で身体が揺れる。  それを指摘すれば俺の勝ちだ! 「──るまさんがころんだ!」  そういって勢いよく振り向き、指をさし示した。 「勝った! 俺の勝ちだァ!!」  俺は叫んだ。  やっと解放されるんだ! 「え……、ど、どこにいった?」  振り向いた先に、奴の姿はない。 「ど、どこにいったんだ……」  鬼は、相手が動くのを視野に入れていなくてはいけない。 「そ、そんな……」    足元に、生暖かい感触が伝わった。   「おい、何やってんだ」  友人らしき声が聞こえた。  その声にばっと振り向く。 「はぁ……はぁ……」 「どうしたんだ、そんなに……」 「…………怖かった……」 「は?」 「……お、俺、得体の知れないものと《だるまさんがころんだ》をしていた」 「はぁ?」 「境内に入ったら、動けなくなって……知らないうちに《だるまさんがころんだ》をしていたんだ……」 「…………」  鬼気迫る表情に、冗談だと思っていた友人も言葉を失う。   「でも…………勝った」 「え……」 「勝ったんだよォ! 俺は《勝った》んだ!」  泣きながら友人の両肩を《そいつ》は揺さぶっている。 「俺は《タッチ》した! 鬼に勝ったんだ! し、死ぬかと思った……負けていたらどうなっていたんだァ? なぁ、おい!」 「お、落ち着け」 「でも勝った……。助かった……ああ、は、早く……早くここから逃げないと……早くここから逃げないと!」 「おい、待てよ!」 「うわぁぁぁぁ!!」  そう言ってそいつは友人と一緒に走り去ってしまった。  俺は、負けた。  せっかく獲物が来たのに。  次の鬼にできると思ったのに。  地域に親しまれていた神社もすっかりさびれてしまった。  神主どころか管理人もいやしない。  滅多に人は来やしない。  あいつは久々に来た人間だったのに。  俺はいつまで鬼をやればいいんだ。  いつここから出られるんだ。  あの時やめておけば良かった。  あの日、高校の帰り道、興味本位で《ひとりだるまさんがころんだ》なんかしなければ良かった。  あの時も同じようなことが起きた。  俺はその時に負けて、もうずっと鬼の役をやらされている。  もう何十年もここから出られていない。  早く、だれか。  誰か変わってくれよ。  鬼の役を。  誰か、誰か……。  ここから出してくれよ。
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!