あゝ、憧れのデビュタント

社会不適合者だから作家になろうとした男の醜態

越後屋 涼

13分 (7,798文字)

8 1,158

あらすじ

中学高校と友達がいないまま過ごした良太は、小説だけが心の友。 やがて社会人になるが、コミュ障すぎてバイトさえクビになりまくる日々。 ようやく社員になれたと思ったらブラック企業。 毎日5時起きが嫌になり

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません