私の世界

1/17
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/17ページ
 ポンと肩を叩かれて振り返ると、親友の伊野雅美(いのまさみ)ちゃんが立っていた。 「おはよう、(あきら)ちゃん」  私の名前を呼ぶ声に、思わずドキッとしてしまう。 「お、おはよう」  小柄なので、私をいつも上目遣いで見ている雅美ちゃん。  その可愛さは、変わらない。  思わず抱きしめたくなるのを頑張ってセーブする。
/17ページ

最初のコメントを投稿しよう!