菜穂

1/11
75人が本棚に入れています
本棚に追加
/94ページ

菜穂

川端和人は時間を持て余していた。 彼は、20代後半からダーツの機械を卸す仕事につき、ノウハウを覚え、その内都内に何件かのダーツバーを展開するようになり、いつしか大きな組織となり、社長になった。 42歳という言わば青年実業家になっていったのだ。 彼の手元にはブラックカードと都心にタワーマンション1室を購入、そこで妻と子供3人がいる傍ら、仲間たちと夜はキャバクラ 、朝はサーフィンをし、仕事は部下が処理し、自分の時間を大いに持て余していたのだった。 今日もそのルーティンである。 仕事には重い責任のあるポジションへ着いたが、それを忘れるかのようにサーフィンや女遊びで癒しを求めるようになったのだった。
/94ページ

最初のコメントを投稿しよう!