最終章 二人のキーノート

3/9
419人が本棚に入れています
本棚に追加
/66ページ
**  初めてキスをした日、まだ朧気だったお互いの気持ちを確認し合ったあの日の夜、そのままの勢いで結ばれるという、展開にはならなかった。 「……あ、やばい。ここオフィスだった」  散々、久々に再会した恋人同士のような時間を堪能した後、我に返る。 「三枝君、出張帰りでお疲れなのに」 「はー、大丈夫。満たされた」 「ぐ……」  久住はまだ俺の腕に捕まえられたまま。 少しとろんとしているけれど、逃げようとモソモソ動いているので仕方なく解放する。 「久住も会いたかったでしょ? 俺に」  ほら、会いたかったと言えーと言いながら、片手で両頬を挟みぶにっと潰す。思いっきり顔を逸らされる。 「なに?」 「今わたし、女の顔してると思うから見られたくない」 「女の顔……? ダメなの?」 「ダメ。嫌われたくない」 「……よくわからないけど、好きだって言ってんじゃん。それより久住さんさ、あなたなんか煙草の匂いするな。微かに。今日、何してた?」 「え?」  分かり易い。  あからさまにギクッとするんじゃない。 「誰か、いるの?」 「そんなわけないじゃん。……違う。やましいことは何もないけど……って、なんで言い訳してるんだ」 「それで?」
/66ページ

最初のコメントを投稿しよう!