本編

6/6
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/8ページ
いつの間にか震え始めた自分の手。その手を少女は、しっかりと掴んで離してくれへんかった。 交番の前。偶然か必然か、お巡りさんが二人私達の前にやって来た。 「どうかしましたか?」 「この人、人殺し」 突然に、少女はワタシに指差して、甲高い大声で言い放った。 「だから、ワタシは何もーー」 その瞬間、強い衝撃が体を襲った。 いつの間にか、お巡りさんがワタシの腕を掴んでた。 「とりあえず、中で、話しましょ」 口角が上がっているが、目は笑っていない。ワタシは、その出来事が今でも脳裏に映る。 ワタシは今、冷たいコンクリートの床の上に座りながら、懺悔を繰り返した。 『悪くない。ワタシは悪くない。ワタシは、何もしてへん』 ずっと、自分を守る声を唱え続けていた。
/8ページ

最初のコメントを投稿しよう!