金木犀香る夕方の図工室で

淡く清々しいく、ほんのり切ない恋物語

赤星 治

恋愛 完結
10分 (5,776文字)
金木犀の匂いを嗅いで、一気に思い付き、一気に書きました(;´Д`)

4 51

あらすじ

中学生のアライタイチは、同級生のシノザキミサキの事が好きだった。 彼女との一番の思い出は夕方の図工室でファーストキスをした事。 二人は恋人同士にならず、それぞれの人生を歩んで結婚し、子供を授かった。

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません