薄明にたゆたう

1/9
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ

薄明にたゆたう

 ガコンッ。  いつもの自販機で買う缶コーヒーを、今日はホットにする。  温暖化のせいか、ずっと夏の延長みたいな気温が続いていたのに、昨日から嘘のように涼しくなった。  あわてて引っ張り出したジャケットには、半年前にやめたタバコの匂いがほのかに残っている。  もしかしてフラれた原因は、これか? あいつ、タバコ嫌いだったから。  そでの匂いを嗅ぎながら、「はぁ……」と小さくため息をつき、古びたベンチに腰をおろす。  子どもたちが家に帰り、今日一日の役目を終えた小さな公園。  ここで缶コーヒーを飲むのが、おれの毎日の日課だった。 「はぁ……」  もう一度息をはき、コーヒーを開ける。身も心も冷え切った体に、あたたかいコーヒーを流し込む。  なにげなく顔を上げると、砂場を挟んだ向かい側のベンチで、制服を着たカップルがいちゃついていた。  心のなかで舌打ちをし、缶コーヒーに口をつける。そんなおれの前に、ローファーを履いた足が立ち止まった。 「お兄さん。となり座ってもいい?」  ちらっと視線を上げて確認すると、制服姿の女子高生が立っている。  黒いロングヘアにナチュラルメイク、短いチェックのスカートでリュックを背負った、おれのよく知っている女だ。 「……どうぞ」 「ありがと」  女子高生が微妙な距離を置き、おれのとなりに座った。そして持っていたミルクティーのペットボトルを、キュッと音を立てて開ける。  こいつはいつも、目の前のベンチに座ってこれを飲んでいる。今日はあのバカップルに占領されて、仕方なくこっちに来たのだろう。  もちろんしゃべったことはないけれど、毎日いるから見慣れてしまい、勝手に知り合いのような気になっていた。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!