薄明にたゆたう

8/9
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
「え、いいの? 柊斗くん、やさしい!」 「は? やさしくねぇよ、おれなんか」 「やさしいよ。柊斗くんは」  梨花がさっき撮ったスマホの写真を見下ろし、つぶやく。 「こんなきれいな写真が撮れるんだもん。きっとやさしい人だよ」  そんなことない。どんなヤツでも、きれいに撮れるって言っただろ?  危なっかしいな、この子。変な男に騙されなきゃいいけど。 「まだ帰らなくていいのか? 門限あるんだろ?」 「あ、うそ、もうこんな時間?」  梨花がスマホで時間を確認して立ち上がった。 「ありがと、柊斗くん! なんか元気出た」 「おれは、なんにもしてねぇよ」  梨花がおれの前で、ちょっと照れくさそうな顔をする。 「じつは今朝、親と派手に喧嘩しちゃってさ。今日は家に帰りたくなかったんだよね。このまま知らない人について行っちゃおうかなぁ、なんて思ってた」  陽が落ちて、赤かった空が紫色に変わっていく。 「柊斗くんが悪い人でもいいやって思って……」  梨花が肩をすくめて、ふふっと笑う。 「でもちがった。悪い人じゃなかった」 「お前なぁ……」  おれはため息まじりにつぶやく。 「そういう考えはやめなさい。もっと自分を大事にしろ」 「なにそれ。急に大人ぶって、おかしー」  けらけら笑う梨花のバックが、青とピンクのグラデーションに染まった。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!