嘘は、嫉妬に溶かして

7/7
61人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
「あのね。そんなんで怒るわけないでしょ。むしろ嬉しいよ、僕を意識してやったってことだよね?」 図星で、頷くしか出来ない。 「そういうところが好きなんだよ。瑞樹は照れ屋だけど、僕任せにしたりしない。自分からこうして僕の気持ちを試したり、確認しようと行動してくれる。そういうのは、一方通行じゃないって実感できるし、すごく嬉しいんだ」 「でも、さっき……」 肩を落とす俺の手を、圭吾さんがゆっくり持ち上げる。すっと引き寄せられた指先に、躊躇うことなく落とされた唇。 そう、まるで童話の王子がお姫様にするみたいに。 「な! ちょっ、それっ!」 ボッと顔に火がついたみたいに熱くなる。 「はは、かーわい」 「俺、女の子じゃないですって!」 「知ってるよ。でも、どうしてもしたかった。さっき僕が怒った理由はね、あの女の子に嫉妬したから。瑞樹の顔を赤くしていいのは、僕だけで十分」 「っ、だから、そういうこと言わないで下さい」 「んー、それは承服致しかねますねぇ」 「もおっ」 「ほら、行くよ〜」 そんなの。俺だってそうですよ。 俺以外にその目を向けられたら、たぶん、嫉妬で頭がおかしくなってしまうから。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!