第一部

1/18
15人が本棚に入れています
本棚に追加
/111ページ

第一部

 目を覚ますと、暗闇が広がっていた。  身体を起こして辺りを見回すが、暗くて何も見えない。目が慣れていないものかと思ったが、しばらくしても何も見えない。物音ひとつすらしない。もしかしたら、この空間には元々何もないのかもしれない。  恐怖がこみ上げてきて、無意識に自分の身を守るような体勢になる。冷静になる為に、ひとつずつ頭の中で整理し始めた。  私は、自分の部屋で命を断とうとした。その為にわざわざ暑い中、ホームセンターに向かって必要な品を調達した。  そこまで思い出して、自分の服装を確認する。  制服のままだ。つまり、あの日からの延長線にあることには違いない。  帰宅後はすぐに準備に取りかかったはずだ。窓やドアをガムテープで塞ぎ、自ら密閉空間を生み出した。  おかしい。エアコンの隙間さえ塞いで、確実に外に出られない状況だったはずなのに、ここは明らかに私の部屋ではない。  もしかして死後の世界なのか、とも考えるが、そもそも私はまだ、練炭に火をつけてすらいなかったはずだ。    少しずつ冷静さを取り戻しつつあったが、それに比例して、ますます状況が掴めなくなっていた。  その後は、練炭に火をつける前に鏡で自分の顔を確認して、ミカから貰ったヘアピンを初めてつけて――――  そこではっと思い出す。  そうだ、あのウサギのおばけのような少年が現れて―――― 「おばけじゃないよ」  突然、頭上から声が降ってきて、ひぎゃっと声が出る。 「あはは、お姉さん。冷静そうに見えるけど、意外といい反応するよね」  ケラケラ笑いながら、今まさに思い描いていた少年が姿を見せる。  意識を失う前に見た姿と変わらず、少年の目は黒い。歳は十歳も満たないほどの幼さに見える。つぎはぎのウサギのような着ぐるみパジャマ風の服を着ており、ピョコッとした尻尾もついていた。かわいらしさと不気味さが織り交ざったような外見だった。 「君は……誰……? ここはどこ……?」  ひとまずこの状況を把握したかったので、少年に話しかける。幸い、少年の天使のような笑顔のおかげで、意識を保つことはできていた。
/111ページ

最初のコメントを投稿しよう!