昼と夜の邂逅

河川敷、微妙な間をあけて、彼女はいつもそこにいる。

京月

5分 (2,857文字)
妄コン「昼と夜の間」応募です

5 161

あらすじ

黄昏時にしか会わない俺たち。そんな微妙な関係、静かな憩いの時。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る