蝶々

1831年~32年のライプツィヒへご一緒に  

沓屋南実♪♪

11分 (6,425文字)

10 150

あらすじ

ヴィークは娘のクララを国際的スターピアニストにすべく、第一歩を踏み出した。目指すはパリで、途中年を巡りながらの約半年に及ぶ演奏旅行である。 ヴィークの弟子であるロベルトは、二十歳を過ぎて職業ピアニスト

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る