1.終わりと始まり

1/21
36人が本棚に入れています
本棚に追加
/858ページ

1.終わりと始まり

 ここはヴァルテナにある小さな家。朝になったらお日様の光が家の中に入ってきて、私たちを起こす。パパは仕事に行く準備をしなくちゃいけなくて、ママはパパが仕事に行く前に朝ご飯の準備をする。 「ユナ。朝だよ。」 朝ご飯の支度をしているママの代わりに、パパが毎朝起こしてくれる。でも私はまだ眠くて、しばらくベッドでぐだぐだしている。最後にはパパが私を持ち上げて、朝ご飯のある所まで連れて行くことも。 「ほらユナ。おいしそうだぞ?ママの作った朝ご飯。」 目をこすり、無理矢理起こされたことに少しふてくされながらも、用意された朝食を見て私も少し機嫌が直る。ママは本当に料理が上手だ。私もママみたいになりたい。いただきますをいって、まずは卵焼きにフォークを刺した。 「おいしい?」 ママが聞く。私は頷いた。 「まだ眠いんだな。」 パパが笑いながらいう。 「そうねえ。でもねユナ。毎日早寝早起きして、ちゃんとご飯を食べて健康にならなきゃ、パパみたいに強くなれないのよ?」 「ママみたいに美人にもなれないぞ?」 「あらやだ。」 ママは照れて笑った。つられてパパも笑う。だから私も笑った。 「ユナもパパみたいに強くてママみたいに美人になりたい。」 私が言うとパパは 「おお、そうだな。なれるよ。ちゃんと健康的な生活をしてたらね。」 といった。私は元気に頷いた。  今日もパパを見送ってからママのお手伝いをした。パパは少し離れたところでお仕事をしている。パパが帰ってくるまでは、掃除したり洗濯したりで大忙し。お昼ご飯はいつもママと食べる。    
/858ページ

最初のコメントを投稿しよう!