神様の存在

1/1
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
 トラブルに巻き込まれた時いつも頭をよぎるのは、使い古されたこの言葉だ。 『この困難は神が与えし試練』  神仏には無縁だが、きっと私ならできると思って与えられた、私にとって有用な事案。そう信じれば立ち向かうことができた。  ふと考える。もしもこの世界が、誰かの創作した物語の中だったとしたらどうだろう。創造の主がすべての伏線を回収できるとは限らない。闇雲に、手当たり次第に書き殴り、最終章で収拾がつかなくなる、そう、私のような物書きだったら……。 「先生、とにかく原稿を進めてください。締め切りは一昨日の夕方だったんですよ」  担当編集者の言葉で我にかえる。  どうかこの世界の創世者は、伏線回収が得意な神作家でありますように。 <おしまい>
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!