チッチゼミの恋

1/1
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ

チッチゼミの恋

 きっと僕は、人間だった。  彼らが『感情』と呼ぶものを僕は持っていた。  日がな一日、電柱に貼りついて幼なじみを覗き見しても、ストーカー呼ばわりする者はない。そりゃそうだ。僕は蝉だ。台風を5つ数えても、まだ生き粘っている蝉だ。  稲刈町のたっちゃんは高校球児になるのが夢だったのに、今は洒落たオフィスの8階で『営業二課・榎本(えのもと)』のネームプレートを首から提げている。朝から上司に叱られて、給湯室で溜息はもう何回目?  チェッチェッチェッと舌打ちして、自販機を蹴とばしている。  チッチッチッと僕は、窓越しにエールを送る。  輪廻転生を知っているか?と、昔、たっちゃんは僕に言った。  中学生の夏休み、車に跳ねられてポーンと自転車から投げ出された僕は、真っ青な空を一匹の蝉が横切るのを見た。役場前のバス停では、たっちゃんが僕を待っている頃だった。また遅刻かよ、ってアイスキャンデーを買わされるはずが、僕が小銭を数えることはもう無かった……。    たっちゃんに辞令がおりた。僕には到底、飛べそうもない遠くへ行ってしまうらしい。小さなダンボールを抱えて、大きな背中が3割減、縮んで見えた。僕は知っている。こういうの、飛ばされるって言うんだ。  出来る限り高い所へしがみつき、僕は、2センチのカラダをちぎれんばかりに伸ばした。この身がもし、人間ほどに大きかったら、1000キロ離れようと声を届けられるのに。    僕は、たっちゃんと同じ高校に行きたかった。  ずっと親友でいたかった。  ひきだしの奥に仕舞ったアタリ棒は、まだ3本あったはず、  もっと、待ち合わせしたかった。僕は……、  僕は、  僕は、  僕の……、それはきっと、初恋だった。  チッチッチッチッチッチッ……、チッチッチッチッチッチッ……、  チッチッチッチッチッチッ……、チッチッチッチッチッチッ……、  チッチッチッチッチッチッ……、チッチッチッチッチッチッ……、  よく晴れた午後、眩暈のするほど日差しの強い10月の月曜日。  サヨナラの涙を流すこともできない僕は、腹の底からガンバレを叫び続けてオシッコを漏らした。(はね)は灼け、カラカラに涸びたカラダにはもう、どこへと掴まる気力もない。  金木犀の香る里へかえりたい。  役場前のバス停で「明日は何しようか?」なんて、たっちゃんと夕空を見ていたい。  やがて僕は、アスファルトへ落ちていった……。                                 僕は眼を開いた。手足を丸くして真綿に(くる)まれている。  ぼんやりと霞む視界にオレンジのカーテンが揺れて、僕がギャアと声をあげるたび、夫婦は笑いさざめく。男は調子外れなゆりかごの唄を繰り返し、震える両手で、王に献上品を捧げる恭しさで僕を抱きあげた。  ベッド脇に置かれた半紙は、見覚えのある右上がりのクセ字が懐かしい。  僕の新しい名前だ。    命名  榎本 犀生(えのもとさいせい)  嗚呼……、  こんなはずじゃなかった。                     
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!