(6)

4/4
145人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
「ほら、モモ。花火だよ。見てごらん」  モモは聡の腕の中で、何度目かの花火を見ていた。 「モモ、甘えっ子だね」 「ベランダの手すりにジャンプできないんだよ。なんだかおじいさんになったよね」 「何歳だっけ」  十歳かな、と聡が言う。 「コンビニでバイトしてたのが、高二の時だから」 「ああ、そうだった。それで聡は、コンビニをクビになったんだった」  ビールを片手にお姉ちゃんが笑う。お父さんが「あの頃のモモは可愛かったなぁ」と言うと「今も可愛いよね」とお母さんが笑った。 「おじいさんになっても、モモは可愛いよ」  聡はモモを優しく撫でた。  猫が使う小さな魔法を人間たちは知らない。  知らなくていいのだ。猫たちが勝手に決めたことだから。そうしたいから、そうするだけ。  ニャアと鳴くと、聡はモモの耳に鼻をつける。 「うん。何?」  大好きだよ、聡。  聡の猫で、モモはどれほど幸せだっただろう。 「いい子だね。モモは、本当にいい子」  大事にされ、可愛がってもらった。  それが、モモの全て。  それで十分。                                                               了
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!