プロローグⅠ

1/1
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/98ページ

プロローグⅠ

長い長い上りエスカレーターを上ってきた。 そしてついに下りエスカレーターとの交差ポイントに辿り着いた。 タイミングを見計らって下りエスカレーターに乗り移る。 乗り移って俺は一息つく。 荷物をバラす。しばらくは暮らしだ。 ひとまず茶でも沸かそう。俺は携帯燃料をリュックから取り出す。 これでようやく証明できる。 俺の計算では約一ヶ月後には下りエスカレーターは「平ら」になる。 平らな、平坦な「動く歩道」のようになるはずだった。 そうなればいよいよ証明完了だ。 世界は丸かったと。 中庭は球体だと。
/98ページ

最初のコメントを投稿しよう!