申し訳ございません。あいにく先約がございまして。

1/6
393人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
日下(くさか)さん、今日これから…」 「申し訳ございません。あいにく本日これから先約がございまして…」 相手が言い終わる前にお断りする。笑顔で、丁寧に、有無を言わさず。 「では、本日はありがとうございました。失礼いたします」 逃げるが勝ち。 俺は45度の最敬礼をしたあとそそくさとその場を去った。 俺の名前は日下朝日(くさかあさひ)事務用品の営業の仕事をしている。 さっきのは取引先の社長の息子多岐悠吾(たきゆうご)。 もう何度目の誘いになるだろうか。 なぜか俺に懐いているようで、やたらと食事に誘ってくる。 いや、ちょっと待って?俺は30歳の男で容姿だってとりたてて美人ということは決してない。可もなく不可もなくって感じだ。 かたや多岐悠吾は綺麗な顔をしていて、社長の息子だから金持ちだ。 そして、やつも俺と同じ男だ。 男の俺をなぜそんなに食事に誘いたがる!?意味がわからない。 性格は……よくわからないが女にもてないわけがない。どんな女でもいちころだろうに、なぜ俺なんだ? あ、いや、そうか。女じゃだめなのかもしれないな。色々面倒なんだろう。 それなら男でもいいから誰かと食事したかった、とかそういう感じか? 友だちいねーのかよ。さびしんぼかよ。 俺だって取引先の営業マンってだけで友だちでもなんでもねーだろうに。 はぁ……本当まいる。 ――――面倒ごとはごめんだ。 俺は眉間に皺を寄せ歩くスピードを上げた。
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!