1/2
67人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ

「…は?」 「ん?」 「おいおじ。今何っつた?」 待ってね。聞き間違いかもしれない( ^ω^)・・・。 「だーかーらぁー。おじさんの友達の学園に転校してもらおう  とおもってねぇ。(^^♪」 ・・・・・・・・・・・・・・は? まださ、共学の高校ならいいとする。だ、だ、男子校…だと? 男しかいないところに行けと? 夢かと思って自分のほっぺをつねってみた。 「もぉゆめじゃないってぇ。お願いだよぉ。ともだちがねぇ  君にぜひ来てほしいっていってきかないんだよぉ。」 てかさ、今思ったんだけどなにその喋り方。きmm((ごほんっ 「ってことで明後日からそっちの学園に行ってもらうから!」 いや・・・いやいやいやいや! なんで!?心の準備くらいさせろや!!! こっちだってな!友達と離れなきゃいけなくて大変なんだぞ⁉ 俺友達意外と多いんだぞ⁉こまるよ・・・ この短時間で全員に感謝をのべろと? ざけんなよっ!? 「まぁあっちでも友達出来るよぉ。」 恨むべし・・・おじ・・・・・・・・。 最後に「頑張ってね」と言い残し、部屋を出て行った。 っち・・・。 俺も舌打ちを残して部屋を後にした。
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!