第1章 姫君の帰還

1/63
44人が本棚に入れています
本棚に追加
/177ページ

第1章 姫君の帰還

 彼は、店の最も奥のあまり光が届かない席に座り、軽く目を閉じていた。  太陽はとうに地平に隠れ、まだその名残の真珠色が、青黒く染まりかけた空に残る時間――。  店の素朴な灯りは、早々と酔いが回った客たちの火照った顔を照らし出し、賑やかな話し声や食器の音が、狭い空間に溢れかえる。  旅人たちは疲れを忘れてくだを巻き、店員たちは彼らの間を通り抜けて、食事や酒を忙しく運び続けた。  彼は、目を閉じながらも耳を澄ます。  客たちの会話の中に、彼にとっての重要な情報が紛れ込んでいることが多いからだ。  彼にとってのキーワード。人々の話の中で、ひそやかに、且つ遠慮がちに語られる『魔神族』。あるいは『グリアモス』。そういう言葉――。  それらは日々の糧を得るための手掛かりであり、彼のこれからの行動を決めることにもなる。  彼のテーブルには、陶器に入れられた高級酒が置かれていた。  けれども、それは彼がその席に滞在するためだけに、店に多めに支払った代金の単なる領収証のようなもの。  彼がその酒を口にすることはない。他の客たちの多くが注文する料理の類いも、そこに置かれることはなかった。  彼が飲み、食するのは、全く別のものなのだ。  そのことをふと思い出すだけで怖気を震い、店全体が総毛立ってしまうような恐ろしいもの。  周囲の客も店員も、そのことをよく知っていた。  それだからこそ、たまに彼を遠慮がちにちらりと眺めやることはあっても、彼をずけずけと凝視したり、声をかけてきたりするものは皆無だった。  人々が彼に抱くのは恐怖と畏怖。決して関わり合いになってはならない人物なのだ。  こちらから何も仕掛けなければ、彼はそこにただ座っているだけ。何の危険もない、気前のよい、見た目も美しい客――。  人々は彼の存在を心のどこかに気にかけながらも、各々の穏やかな時間を過ごしていく。  知りすぎるくらいによく知っている彼の正体を、酔いに任せて己の唇が勝手に喋り出さぬよう、細心の注意を払いながら。 「ご一緒させていただいてもよろしいですか?」  誰かが、彼に声をかけた。  店内の空気が、一瞬凍りつく。  だが、それもすぐに店の忙しい喧騒の中に飲み込まれてしまった。  人々はその無謀な勇者の行動に眉をしかめ、おののいたが、自分たちの視界からその二人を強制的に遮断した。  これは、ますます関わり合いになってはならない。そう心に決め込んだかのように。  彼は、面倒そうに薄く目を開けた。  彼の前に、灯りを遮るような感じで一人の若者が立っていた。  人懐っこそうな笑顔が彼に向けられている。  彼に笑顔を向ける人間など、ほとんど存在しないはずだった。  ごく最近、彼を抱きしめ、笑顔をくれた美しい少女がいたが。それはまだ記憶に新しいことだ。  彼は翡翠色の不透明な目をちらりと、その勇気のある若者に注いだ。  そして、返事の代わりに片手を少し上げて、テーブルを指差す。
/177ページ

最初のコメントを投稿しよう!